投稿

【19.03.16】川崎市/悪政の先導役、県政批判

川崎市のJR武蔵溝ノ口駅前(高津区)で16日、日本共産党の街頭演説会が開かれ、笠井亮政策委員長・衆院議員が、県議選同区(定数3)での議席獲得と市議選(定数9)での現有議席確保、県知事選での岸牧子候補(新・共産党推薦)勝利を訴えました。

 

笠井氏は、消費税増税や会見など安倍政権の横暴さを告発。神奈川県政について「安倍政治と一体に、暮らし後回しで開発一辺倒、そういう形で悪政の先導役をしている。それを自公が支えている」と批判しました。前回県議選での党躍進が県民要求実現の大きな力になってきたことを紹介し「6人の県議団を再びつくり、さらに9人にすることが、願いを実現する大きな力になる」と訴えました。

 

県議選の石田和子県議候補(市議)は、教育予算の充実と県民要求実現のために奮闘する決意を語りました。むねた裕之市議、小堀しょうこの両市議候補が決意表明。「豊かな財政を市民のために使う市政を実現する」(むねた)、「福祉が充実した川崎をつくる」(小堀)と訴えました。しいばかずゆき参院比例候補、あさか由香参院神奈川選挙区候補も訴えました。

【「しんぶん赤旗」2019年3月17日付】

アーカイブ
PAGE TOP