投稿

【19.08.06】広島県被団協追悼式/広島

広島県被団協(坪井理事長)

追悼式で山下副委員長あいさつ

 広島県原爆被害者団体協議会(坪井直理事長)が主催した「被爆74周年原爆死没者追悼慰霊式」が6日、広島市内で開かれ、日本共産党から山下芳生副委員長があいさつしました。

追悼の言葉(代読)で坪井氏は、「国の内外の乱れが人びとの生活にも響く時代になりました。人類を滅亡させる原爆の悲劇で亡くなったかたがたの御霊(みたま)に謹んで哀悼の誠をささげます」とのべました。

 

日本原水爆被害者団体協議会の藤森俊希事務局次長は、核兵器禁止条約発効へ向けた動きが進むなど「ついに核廃絶の重い扉が開き始めました。原発もゼロをめざすしかありません」と語りました。

山下氏は、日本政府が核兵器禁止条約に背を向けていることを批判し、「一方で、条約に参加することを求める自治体の決議が400を超えています。私たちも超党派で力をあわせて、禁止条約に参加する政府をつくります」と語りました。

共産党からは、山下氏をはじめ笠井亮衆院議員、井上哲士岩渕友伊藤岳の各参院議員、中森辰一広島市議が参加しました。

追悼式では、公明党の山口那津男代表、立憲民主党の枝野幸男代表、国民民主党の玉木雄一郎代表、社民党の福島瑞穂副党首らがあいさつしました。

【「しんぶん赤旗」2019年8月7日付】 写真:笠井あきらツイッターから

アーカイブ
PAGE TOP