投稿

【19.04.19】安倍政権揺るがす勝利を/大阪12区 宮本たけし候補応援

衆院大阪12区補選(21日投票)で、自民、維新候補を激しく追い上げる宮本たけし候補(無所属)は19日、寝屋川市、四條畷(しじょうなわて)市、大東市の各地を駆け回りました。野党議員や市民が次々応援に駆け付け、聴衆からは「たけし頑張れ」と声援が飛び交いました。

「宮本さんは背水の陣で挑まれる素晴らしい候補者だ」。国民民主党の小熊慎司衆院議員はこう述べ「いま全ての野党が手を携えて安倍政治とたたかっている。国民の手に政治を取り戻す。そのために宮本さんを国会の演壇に上げよう」と力を込めました。

日本共産党の笠井亮衆院議員は、自民党の萩生田光一幹事長代行が“6月の日銀短観を見て消費税増税を決める”と増税の先送りを検討する発言をしたことに触れ「宮本たけし候補が安倍政権を揺るがしている」と指摘。「10月の消費税増税を延期ではなく、中止にさせるために宮本たけしを国会に送ってほしい」と訴えました。

宮本候補は、萩生田幹事長代行の発言について「統計偽装だけして(景気対策で)何の良いこともしていない。悪い結果が出るのは当然だ」と強調。「党派を超えて消費税増税ストップの一票を私に託してほしい」と力強く訴えました。

宮本候補と対話した女子学生(18)は「話を聞いてくれて、めっちゃ良い人。友人の中には、学費を稼ぐために半年休学する人もいる。学費無償化をやってほしい」と期待を寄せました。

【「しんぶん赤旗」2019年4月20日付】

アーカイブ
PAGE TOP