投稿

【19.03.12】消費税増税などで懇談 中同協と党国会議員団経産部会

日本共産党国会議員団経済産業部会の笠井亮衆院議員と岩渕友、辰巳孝太郎両参院議員は12日、東京都内で中小企業家同友会全国協議会(中同協)の役員と政策や要望について懇談しました。中同協から広浜泰久会長、中山英敬幹事長、石渡裕政策委員長、林哲也経営労働委員長らが出席しました。

笠井氏は「景況判断が下方修正される中、消費税増税が強行されようとしている。皆さんの苦労を国会の活動に生かしたい」とあいさつしました。

広浜氏は「親会社の意向などわれわれだけでは解決できないこともある。共産党やいろいろな方と協力してより良い環境をつくりたい」と述べました。

林氏は「人を生かす経営」を強調。岩渕氏は「社員は大切なパートナーという人間尊重の経営が広がってほしい」と語りました。

消費税増税について石渡氏は「制度が複雑で、インボイス(適格請求書)により非課税事業者が取引から排除される」と指摘しました。中同協は消費税率10%引き上げ凍結などを要望しています。

辰巳氏は「国会での議論を通じて消費税増税を断念させたい」と語りました。

【「しんぶん赤旗」2019年3月14日付】

アーカイブ
PAGE TOP