投稿

【第193通常国会/閉会中審査】低姿勢装うが/政権に自浄能力なし/国会の解明責任重大(17/07/24予算委)

 

 2日間の閉会中審査で「丁寧な説明」を口にし、“低姿勢″を装った安倍晋三首相ですが国民の疑問には何ら答えず、むしろ疑惑は深まるばかりでした。

保身が最優先
安倍首相は24日の衆院予算委員会で、愛媛県今治市に国家戦略特区を活用して獣医学部を新設する計画の対象が「加計学園」であることを知ったのが、「今年1月20日だ」と答弁。これに対し日本共産党の小池晃書記局長は25日の参院予算委で、安倍首相がこれまで「(加計であることを)知りうる立場だった」と繰り返し答弁していることや、この間も同学園の加計孝太郎理事長と会食、ゴルフを繰り返していることをあげ、「知りうる立場だったが、知らないなどという話が通用するはずがない」と厳しく批判しました。
首相の意図は見え透いています。昨年9月以降、和泉洋人首相補佐官や内閣府、萩生田光一官房副長官などが文部科学省に対し、加計学園の獣医学部新設認可を早急に進めるよう強い圧力を加え続けたことが鮮明になる中で、「首相自身は関知せず」という“ストーリー″をつくり、自分を守ることを最優先にするものです。
東京都議選(2日投開票)での大惨敗を受け、安倍首相は「厳粛に受け止め、反省すべき点は大いに反省」するとし、10日に衆参両院で加計問題での閉会中審査が開かれましたが、安倍首相本人は外遊を理由に出席を拒否。国民の怒りがいっそう広がりました。
その後、2週続けて内閣支持率が急落し、「危険水域」とされる2割台まで落ち込む中、ようやく安倍首相とキーパーソンと言われる和泉洋人首相補佐官らも出席する閉会中審査の開催となりました。
しかし疑惑の閣僚、政治家、官僚らは「記憶にない」の一点張り。安倍首相は自己保身に必死です。これに対し前川喜平前文科次官の明確な答弁、発覚した文科省内の資料・メモ、獣医師会の資料、今治市に残されたメモ・資料などはすべて、獣医学部新設が「加計ありき」で進んだことを示しています。首相が口にする「丁寧な説明」が、ウソと欺瞞(ぎまん)にすぎないことが誰の目にも明らかとなりました。安倍政権の自浄能力は示されず、法治主義の崩壊状態を露呈しました。

根底に戦争法
稲田朋美防衛相が南スーダン国連平和維持活動(PKO)の派遣部隊からの「日報」隠ぺいの決定に関与していた疑惑をめぐっても、稲田氏は「隠ぺいを了承したことはない」と繰り返すばかりで、事態の真相は全く明らかになりませんでした。
さらに安倍首相は24日、日本共産党の笠井亮議員の質問に対し「日報が残っていたという報告を受けたことはない」と答弁。首相は自衛隊の最高指揮官です。危険な現地情勢に関する極めて重要な情報が、組織内で握りつぶされていたかもしれないという重大問題を、現在に至るまで「放置」してきたのです。
ことは隊員の生命と安全、活動の憲法適合性、実力組織の民主的コントロールという、自衛隊をめぐる根本問題で首相の責任は重大です。実力組織をめぐる混乱の根底には、憲法違反の安保法制=戦争法で、自衛隊を内戦状態の南スーダンに派兵し、危険な任務を付与したことがあります。
加計問題と日報隠ぺい問題―。2日間の閉会中審査は、安倍内閣のもとで、民主主義と法治主義が崩壊し、国政が深刻な危機に直面していることを改めて示しました。国会による真相解明が今こそ必要です。臨時国会の召集・開会、関係者の証人喚問の実現が喫緊となっています。
【「しんぶん赤旗」2017年7月26日付】

アーカイブ
PAGE TOP