投稿

【19.12.11】“年寄りをいじめるな” 怒りの座り込み開始 厚労省前

安倍政権の社会保障切り捨てに抗議し、誰もが安心して暮らせる世の中を求めて、11日、高齢者怒りの座り込み行動が厚生労働省前で始まりました。主催は日本高齢期運動連絡会と東京都老後保障推進協議会。13日までの3日間行われます。

参加者からは75歳以上の窓口医療費2割負担が狙われていることに怒りの声が上がりました。

和歌山市から初めて参加した女性(73)は、「年金は下げられ続け、使ってもいない介護保険料は上がり続けています。75歳の窓口医療負担を2割にするなんてとんでもありません」と話します。

30年近く参加している男性(91)=東京都昭島市=は「社会保障削減は、頭から湯気が出るほど腹立たしい。弱いものいじめの政治はひどい」と訴えました。

日本共産党の衆参両国会議員10人が参加しました。

板橋年金者組合の男性(79)は年金の毎月給付を求める運動をしています。「要請や座り込みで前向きに動かしている部分もあります。議員さんが激励してくれてよかった」と話しました。

【「しんぶん赤旗」2019年12月12日付】

アーカイブ
PAGE TOP