投稿

【19.11.15】定例会見◎「首相出席予算委開け」/笠井氏会見

日本共産党の笠井亮政策委員長は15日、国会内で記者会見し、首相主催の「桜を見る会」私物化問題で安倍晋三首相が記者団に対し「国会が決めれば、政府として説明するのは当然だ」と発言したことをあげ、首相自身が出席する予算委員会の集中審議を開催し、説明責任を果たすよう強く求めました。

集中審議に応じるかを重ねて問われた安倍首相は「政府として説明するのは当然だ」と繰り返しました。これについて笠井氏は、安倍首相が「政府として」と強調し、首相自身の出席に言及していないことを指摘。この間さまざまな疑惑が浮上するたびに、安倍首相が「内閣にある者であろうとなかろうと、あるいは与党・野党にかかわらず、しっかりと説明責任を果たしていかなければならない」と述べてきたことにふれ、「首相自身の疑惑そのものなのだから、衆参両院の予算委員会で自ら説明すべきだ」と強調しました。

【「しんぶん赤旗」2019年11月16日付】

アーカイブ
PAGE TOP