投稿

【19.03.04】民青倍化へ前進を/都道府県委員長会議始まる 笠井氏あいさつ

日本民主青年同盟の都道府県委員長会議が4日、東京都内で始まりました。

中央常任委員会を代表して小山農委員長が報告をしました。

小山氏は、第42回全国大会からの3カ月で、加盟を訴える努力を貫き、多くの仲間を迎えてきたと紹介。学生の新入生歓迎運動では、大きく前進した昨年を上回るペースで仲間を迎えており、「学生新歓と連続選挙のなかで仲間を増やし、『自らの目標』をやりきって、同盟員倍加へ前進しよう」と呼びかけました。

新歓運動の取り組み方向として、4月本番の取り組みについて、日本共産党の協力を得ながら、班、地区、県で綿密に準備をすることを提起しました。

連続する統一地方選挙、参院選は「青年の手で新しい日本の進路を切り開いていく選挙だ」と強調。目前に迫った統一地方選での日本共産党の躍進を実現するため、「青年の要望を掲げ、展望を語るとともに、広く青年と力を合わせてたたかおう」と訴えました。

若者憲法集会については、行動する若者の姿を発信し、安倍政権打倒をめざす国民的共同を励ます大集会として成功させようと呼びかけました。

日本共産党の笠井亮衆院議員があいさつしました。

【「しんぶん赤旗」2019年3月5日付】

アーカイブ
PAGE TOP