投稿

【2019新春随想】世界とつながる初詣(2019/1/8)

新年は、初詣客でにぎわう高尾山(東京都八王子市)の恒例挨拶から、久々に地元三鷹市・八幡神社前行動へと駆けつけました。

三鷹原水協が主催する毎年元旦の核兵器廃絶の訴えは33回目。行きかう人も多く、署名のペンを走らせます。昨年は、ついに保守の市長もヒバクシャ国際署名にサイン。こうした地道なとりくみこそが、核大国アメリカや欧州の同盟国の草の根とも連帯して、核兵器禁止条約発効へと動かしているのです。

広島で被爆した母は88歳。看護多機能の新しい施設に移り、なんとか新年を迎えることができました。私を政治の世界へと向かわせた母の被爆体験の語りは、もう直接聞けなくなりましたが、こうして受け継がれ、世界を動かしていることを心から喜んでいることでしょう。

うれしかったのは、女性新人2人が加わる4人の党市議候補が勢ぞろいしたこと。私の住む地域からも38歳の女性が立候補、4歳の娘を連れての行動参加は頼もしい。

私もホームページを13年ぶりにリニューアルし、写真も年相応に。「変わらない」と言われるとまんざらでもなく、「くらしも外交もまともに、いまこそチェンジ!」へ、がんばります。

【「しんぶん赤旗」2019年1月8日付】

アーカイブ
PAGE TOP