投稿

【第196通常国会】佐賀・神栖自衛隊ヘリ墜落事故/自衛隊全ヘリ飛行停止を(18/02/06予算委)

 

運用・訓練見直しを

日本共産党の笠井亮衆院議員は6日の予算委員会で、佐賀県神埼市で5日に発生した陸上自衛隊のAH64D攻撃ヘリコプターの墜落事故について、事故機の使用頻度が高まっていたことなどを指摘し「すべての自衛隊ヘリの飛行を停止し、運用、訓練のあり方も含め政府として徹底調査してすべて見直すべきだ」と提起しました。
笠井氏は「亡くなられた自衛隊員にお悔やみを、被害に遭われた方にお見舞いを申し上げる」と表明。その上で、実戦を想定した過酷な訓練を行う米軍ヘリの事故が沖縄県で相次ぎ、自衛隊ヘリの事故も頻発していることにふれ「全自衛隊ヘリの整備・点検は当然だ」と述べ、訓練、運用のあり方も見直すよう迫りました。
安倍晋三首相は、陸上幕僚副長をトップとする航空事故調査委員会の設置や、事故機と同型機の飛行停止を指示したことに触れ「徹底した原因究明と再発防止に全力を挙げる」と表明しました。
【「しんぶん赤旗」2018年2月7日付】

アーカイブ
PAGE TOP