ニュース

2018年ニュース

【18.06.10】京都・綾部演説会 倉林明子参院議員と訴え

来年の参院選、統一地方選での躍進に向け、日本共産党京都中丹地区委員会は10日、綾部市で演説会を開き、笠井亮衆院議員、改選2の選挙区で再選をめざす倉林明子参院議員が必勝を訴えました。

 笠井氏は、米朝首脳会談を目前にした北朝鮮情勢をめぐり、圧力一辺倒で主体性のない安倍外交を批判。「日本共産党が朝鮮半島の非核化と平和体制の構築を一体的にと関係国に提起し、その通りにすすんでいる」とし、綱領を土台に行動する日本共産党の値打ちを強調。野党共闘と日本共産党が果たす役割に触れ「共産党が伸びれば野党共闘がすすむ。比例で850万票を実現し、躍進の風を吹かせよう」と語り、入党をよびかけました。

 倉林氏は、丹後織物業の最低工賃の引き上げ、消費税の滞納差し押さえをやめさせる制度の周知徹底、原発問題での質問など数々の実績を語り「現場の声を届け、政治を動かしてきた。京都の日本共産党の議席、再び勝ちとらせてほしい」と力を込めました。

 大槻富美子府議予定候補(福知山市)、8月の綾部市議選で現有議席確保をめざす4予定候補が訴えました。

 演説会後に20代の女性が入党しました。
【「しんぶん赤旗」2018.6.12付】