ニュース

2018年ニュース

【18.06.08】定例会見「対話による解決以外ない」 日米首脳会談受け

日本共産党の笠井亮政策委員長は8日、国会内で記者会見し、日米首脳会談(日本時間8日)への評価を問われ、トランプ米大統領が米朝首脳会談(12日に予定)について「すべて順調だ」としつつ「これはプロセス(過程)だ。1回の首脳会談でできるような合意ではない」と述べたことに触れ、「わが党は朝鮮半島の非核化と平和体制の構築を一体的・段階的に進めるよう提起してきた。まさにその通りに進んでいる」と語りました。

 その上で「対話による平和解決以外にない。この方向で米朝首脳会談を成功させてほしい」と述べました。

 笠井氏は、朝鮮半島に平和の激動が起こっているとして「この流れの中でこそ拉致問題も解決できる。日朝平壌宣言に基づく解決に向け主体的な外交戦略を立てるべきだ」と強調しました。【「しんぶん赤旗」2018.6.9付】